鹿嶋市 債務整理 弁護士 司法書士

鹿嶋市在住の人がお金・借金の相談するならどこがいいの?

借金の督促

借金が多すぎて返済がつらい…。
債務整理して、借金の苦痛から解き放たれたい…。
もしもそう思っているなら、一刻も早く弁護士や司法書士に相談を。
司法書士・弁護士が提案してくれる解決策で、督促がストップしたり、月々の返済が減額したり、等といういろんなメリットを受けられる可能性があります。
最近ではインターネットで無料相談ができる法律事務所や法務事務所もたくさんあります。
ここではそれらの中で、鹿嶋市にも対応している、おすすめの法務事務所・法律事務所を厳選して紹介しています。
また、鹿嶋市にある他の法律事務所や法務事務所もいくつか載せているので、それらも参考にしてください。
借金の問題は、一人ではなかなか解決できません。
司法書士・弁護士の知恵・知識を借り、最善策を探しましょう!

借金・債務整理の相談を鹿嶋市に住んでいる人がするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

鹿嶋市の借金返済や債務問題の相談なら、コチラの事務所がおすすめです。
弁護士が対応してくれて、しかも全国に対応している弁護士事務所。
初期費用が0円なので、今の手持ちがなくても安心です。
費用の支払は、分割払いもOKです。
弁護士への相談料金ももちろん無料!
借金の取り立てをSTOPするのも可能です。
過払い金、自己破産、個人再生、任意整理、など、借金・債務について無料相談することができます。
しかも、365日24時間、いつでも受付てくれます。
フリーダイヤル(電話料0円)で相談受付が可能なので、お金に悩んでいる人も今スグ電話受付が可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今すぐ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性におすすめ!)
全国対応の、借金悩みが相談できる司法書士事務所です。
任意整理、個人再生、自己破産、など、あなたに適した方法で借金や多重債務の問題を解決に導きます。
また、過払い金の返還請求は、初期費用0円、取り戻せた過払い金から費用を支払えます。
任意整理についても、減額報酬や和解成功報酬などを一切支払わなくてよいので、安く解決が可能です。
債権者数が1、2件でも対応してくれるのもありがたいです。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口も用意されているので、女性も安心して相談できます。
まずはお気軽に無料相談からどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが対応してくれる、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

鹿嶋市在住の人が借金や債務整理の相談をするなら、このサービスもオススメです。
「借金減額シミュレーター」という、インターネットを使った診断ツール。
簡単な質問に答えるだけで、借金を減らす方法や具体案、毎月返済する金額がいくらになるのかが分かります。
いきなり司法書士や弁護士に直接相談するのは、ちょっと気後れする。
そんな人にもピッタリです。
しかも匿名&無料で使えます☆
全国対応のサービスなので、鹿嶋市に住んでいる人も安心して利用できます。

◆特徴◆
  • 3つの質問に答えるだけ!
  • どうやって借金を減らすか分かる!
  • 月々の返済額がいくらになるのかが分かる!
  • 匿名&無料で利用できる!
  • 全国対応!
借金解決のための第一歩として、無料診断を試してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の相談・診断を、匿名&無料で。



弁護士へ相談前の注意



鹿嶋市周辺にある他の法律事務所や法務事務所紹介

鹿嶋市には他にもいくつかの司法書士・弁護士の事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●田中寛司法書士事務所
茨城県鹿嶋市鉢形1527-8
0299-83-6150

●竹中健一司法書士事務所
茨城県鹿嶋市鉢形台1丁目1
0299-83-6045

●司法書士山名一夫事務所
茨城県鹿嶋市宮中(大字)2012-1
0299-90-8080

●細田はづき法律事務所
茨城県鹿嶋市宮中(大字)307-1 VITAKASHIMA 2F
0299-83-5990

●大山泰弘司法書士事務所
茨城県鹿嶋市大字鉢形1084 野口ビル 1F
0299-83-2673

●加藤光男司法書士事務所
茨城県鹿嶋市宮中(大字)2030-1
0299-83-3650

●鈴木法律事務所
茨城県鹿嶋市鉢形台1丁目1-16
0299-84-0900

●弁護士法人リーガルプラスかしま法律事務所
茨城県鹿嶋市鉢形台2丁目1-3 三廣ビル 3F
0299-85-3350
http://kashima-bengoshi.com

●大曽根佑一司法書士事務所
茨城県鹿嶋市鉢形1084-22 ヨネカワ第2ビル 1F
0299-85-0783

●浅野司法書士事務所
茨城県鹿嶋市大字武井1641
0299-69-2376

●石田誠司法書士事務所
茨城県鹿嶋市宮中(大字)2333-131
0299-77-8246

地元鹿嶋市の弁護士や司法書士の事務所の門をたたき、直接相談するのもアリだと思います。
ですが、ネットでの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、気軽に相談できる方も多いのではないでしょうか。

鹿嶋市在住で借金に参っている場合

クレジットカードのリボ払いやキャッシング会社等は、とても高い利子がつきます。
15%〜20%も利子を払うことになってしまいます。
住宅ローンの場合年間0.6%〜4%くらい、車のローンの利子も1.2%〜5%(年間)ぐらいなので、すごい差です。
さらに、「利息制限法」ではなく「出資法」をもとに金利を設定している消費者金融だと、利子0.29などの高い金利をとっていることもあるのです。
とても高い利子を払い、しかも借金はどんどん増えていく。
借金をしたのは自己責任なので仕方ないのですが、金額が多くて利子も高利という状態では、完済するのは辛いものでしょう。
どうやって返済すればいいのか、もはやなにも思いつかないのなら、法務事務所・法律事務所に相談してみてはどうでしょう。
司法書士・弁護士なら、借金・お金問題の解決策を見つけてくれるはずです。
長期計画での返済かもしれないですし、過払い金の返還で返済金額が減額するのかもしれません。
まずは相談、これが解決への第一歩です。

鹿嶋市/債務整理のデメリットにはどのようなものがある?|債務整理

債務整理にも沢山の手口があり、任意で闇金業者と協議する任意整理と、裁判所を通した法的整理である自己破産若しくは個人再生と、種類が有ります。
それでは、これらの手続きにつき債務整理のデメリットという点があるでしょうか。
これらの三つの手段に同じようにいえる債務整理デメリットと言うと、信用情報にそれらの手続きを行ったことが記載されてしまうという事です。いわばブラック・リストというふうな状況です。
としたら、おおよそ五年〜七年ほどの間、クレジットカードがつくれなくなったり又借入れができなくなるのです。しかし、貴方は返金に苦難してこれらの手続きを進める訳ですから、ちょっとの間は借入しないほうがいいのじゃないでしょうか。
ローンカード依存にはまり込んでいる人は、むしろ借り入れができなくなる事で助けられるのではないかと思います。
次に個人再生と自己破産の債務整理デメリットですが、官報にこの手続を進めた事が掲載されてしまうということが挙げられます。しかし、貴方は官報などご覧になった事がありますか。むしろ、「官報って何」といった方のほうが複数人いるのではないでしょうか。
現に、官報は国が作成する新聞のような物ですけれども、信販会社などのわずかな方しか見ません。ですから、「自己破産の実態がご近所の方に広まる」等といった事はまずありません。
最後に、破産独特の債務整理のデメリットですが、1度自己破産すると7年間、再び破産は出来ません。これは十二分に注意して、二度と自己破産しないように心がけましょう。

鹿嶋市|自己破産に潜むメリットとデメリット/債務整理

どんな方でも気軽にキャッシングが出来る関係で、多くの債務を抱え悩み込んでいる人も増えてます。
返済の為他の消費者金融からキャッシングをするようになり、抱えている借金の総金額を認識できてすらいないという方も居るのが現実なのです。
借金により人生をくるわされないように、自己破産制度を活用し、抱え込んでいる債務を1度リセットするというのも1つの方法として有効なのです。
ですけれども、それにはメリットとデメリットが有るのです。
その後の影響を考慮して、慎重にやることが重要なポイントなのです。
まず利点ですが、何よりも債務が全く無くなると言う事でしょう。
返金に追われることが無くなることにより、精神的なプレッシャーからも解消されるでしょう。
そして不利な点は、自己破産をしたことによって、負債の存在が周りの人に知れわたってしまって、社会的な信用がなくなってしまうこともあるという事なのです。
また、新たなキャッシングが不可能な状況となるだろうから、計画的に日常生活をしないとならないのです。
浪費したり、金の使いかたが荒い人は、容易く生活のレベルを下げる事ができないということも有るでしょう。
ですけれども、自身を律して日常生活をしていく必要があるのです。
このように、自己破産にはメリットとデメリットがあります。
どっちがベストな手口かをきちんと思慮して自己破産申請を進めるようにしましょう。