名古屋市 債務整理 弁護士 司法書士

名古屋市在住の方が借金返済について相談するならどこがいいの?

借金が返せない

自分だけではどうしようもならないのが、借金返済・多重債務の問題です。
金額がどんどん大きくなってしまい、金利を払うので精一杯。
借金返済に関しては、一人で悩んでいても解決は難しいものです。
名古屋市にお住まいの人も、まずインターネットの無料相談で、司法書士や弁護士に相談してみませんか?
いきなり事務所で直接相談するよりも、ネットの無料相談の方が、気後れなく相談できるかもしれません。
もちろん、名古屋市に対応している法律事務所や法務事務所を紹介しています。
1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に相談するのが、借金問題解決への第一歩です。

借金や債務整理の相談を名古屋市の人がするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

名古屋市の借金返済や多重債務解決の相談なら、こちらの事務所がおススメ。
弁護士対応で、全国に対応している弁護士事務所。
初期費用が0円なので、現在の手持ちがなくても安心です。
弁護士費用の支払は、分割払いにも対応しています。
相談料金はもちろん0円!
借金の督促をSTOPすることも可能です。
個人再生、自己破産、任意整理、過払い金、など、債務のことを無料で相談することができます。
しかも、相談窓口では24時間365日、いつでも受付可能です。
フリーダイヤル(通話代無料)で相談受付できるので、お金に困っている方も今スグ電話受付をすることができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今すぐ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性にオススメ!)
全国に対応している、過払い・債務の悩みを相談できる法務事務所です。
任意整理、自己破産、個人再生などなど、あなたに適した方法で、どうしようもないほどの借金問題を解決に導きます。
また、過払い請求は初期費用0円で、取り戻せた過払い金から精算できます。
任意整理についても、和解成功報酬・減額報酬などは一切支払わなくてよいため、お得に解決することができます。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのも強みです。
女性専用の相談窓口も用意されているので、女性の人も安心です。
まずは気軽に無料相談を。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが丁寧に対応する、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

名古屋市に住んでいる方が借金・債務整理の相談をするなら、これもオススメです。
「借金減額シミュレーター」という名の、インターネット上の借金の診断ツール。
とてもカンタンな3つの質問に答えるだけで、どう借金を減らすかの方法や、毎月の返済額がいくらになるのかが分かります。
いきなり司法書士や弁護士に直接相談するのは、少し気後れする。
そんな方にもピッタリです。
しかも匿名&無料で利用できます☆
全国に対応しているサービスなので、名古屋市の人も安心して利用・相談できます。

◆特徴◆
  • 3つの質問に答えるだけ!
  • 借金を減らす方法が分かる!
  • 月々の返済金額がいくらになるのか分かる!
  • 無料&匿名で使える!
  • 全国対応!
借金問題を解決する第一歩として、無料診断を試してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の相談と診断を、無料&匿名で。



弁護士へ相談前の注意



名古屋市周辺の他の司法書士や弁護士の事務所を紹介

名古屋市には他にも法律事務所・法務事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●山崎夕希子司法書士事務所
愛知県名古屋市瑞穂区東栄町3丁目25-3斉藤ビル6F
052-852-1147
http://yukiko-shihou.jp

●アプローチ(司法書士法人)
愛知県名古屋市中区錦2丁目2-13名古屋センタービル8F
0120-512-432
http://approach.gr.jp

●成田龍一法律事務所
愛知県名古屋市中区錦3丁目14-14高坂ビル6F
052-973-0531
http://narita-law.jp

●菰田裕子司法書士事務所
愛知県名古屋市守山区小幡中3丁目4-1
052-797-7702
http://k-siho.com

●司法書士法人ファミリア/丸の内事務所
愛知県名古屋市中区錦一丁目3番18号エターナル北山ビル7F
052-228-7533
http://saimuseiri.bz

●しょうぶ法律事務所
愛知県名古屋市中区錦2丁目2-2名古屋丸紅ビル12F
052-223-5555
http://shobu-law.com

●丸の内総合法務事務所
愛知県名古屋市中区丸の内2丁目15-16
052-211-2471
http://marunouchi-legal.com

●名古屋の弁護士片岡法律事務所
愛知県名古屋市丸の内2丁目19番25号
052-231-1706
http://kataokaoffice.jp

●弁護士法人名古屋総合法律事務所
愛知県名古屋市中区丸の内3丁目4-30
052-961-3911
http://nagoyasogo.jp

●名古屋シティ法律事務所
愛知県名古屋市中区丸の内3丁目19-5フレッジオLA7F
052-253-5200
http://nclo.jp

●すずたか総合法律事務所(弁護士法人)
愛知県名古屋市中区丸の内3丁目5-40ロイヤルセッションズ
052-955-0095
http://suzutaka-law.com

●愛知県弁護士会
愛知県名古屋市NakaWard,Sannomaru,1丁目4-2愛知県弁護士会館1F
052-203-1651
http://aiben.jp

●関司法書士事務所
愛知県名古屋市中区丸の内1丁目9-7
052-265-6153
http://sekijimusyo.jp

●守山法律事務所
愛知県名古屋市守山区中新10-8シャンボール小幡2F
052-792-8133
http://moriyama-houritsu.com

●名古屋第一法律事務所
愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18-22三博ビル5F
052-211-2236
http://daiichi-law.gr.jp

●辻司法書士事務所
愛知県名古屋市北区清水1丁目22-4
052-953-0006
http://tsuji-shihou.com

●弁護士法人あおば法律事務所
愛知県名古屋市中区丸の内3丁目9-16丸の内YSビル4F
052-972-0091
http://aoba-law.jp

地元名古屋市の弁護士や司法書士の事務所に行き、直接相談するのもアリです。
ただ、「診断シミュレーター」やネットでの無料相談の方が、相談しやすいという方も多いのではないでしょうか。

名古屋市在住で借金返済の問題に弱っている方

いくつかの人や金融業者からお金を借りてしまった状況を「多重債務」と呼びます。
あっちでもこっちでもお金を借りて、返済先も借金の額も増えてしまった状態です。
キャッシング会社で限界まで借りたので、別のキャッシング業者で借金。
クレジットカードのリボ払いやキャッシングをして、クレジットカードを何枚も作ったり。
多重債務の状態にまでなったなら、だいたいはもう借金返済が困難な状況になっています。
もう、どうやっても借金を返済できない、という状態。
さらに高利な金利。
どうにもならない、手詰まりだ、と思ったら、法律事務所や法務事務所に相談するのが一番です。
司法書士・弁護士に相談し、今の状況を説明し、解決する方法を提案してもらうのです。
お金の問題は、弁護士・司法書士知恵・知識に頼るのが最良でしょう。

名古屋市/債務整理のデメリットとは|債務整理

債務整理にも様々な手法があって、任意で信販会社と話合う任意整理と、裁判所を通じた法的整理である個人再生・自己破産等の種類が有ります。
じゃあ、これ等の手続につき債務整理のデメリットがあるでしょうか。
これ等三つの進め方に同じように言える債務整理のデメリットは、信用情報にその手続を行った事が掲載される事です。世にいうブラックリストというふうな情況です。
としたら、おおよそ5年〜7年程は、ローンカードがつくれなくなったりまたは借金ができなくなったりします。けれども、あなたは返済金に日々苦悩してこれ等の手続を行うわけだから、もうしばらくは借入れしない方が良いのじゃないでしょうか。
カード依存にはまり込んでいる人は、逆に言えば借入が不可能になる事によってできなくなる事で救済されるのじゃないかと思います。
次に個人再生と自己破産の債務整理の不利な点ですが、官報にこの手続を進めたことが掲載されるという事が上げられるでしょう。けれども、貴方は官報など視たことがありますか。むしろ、「官報ってなに」といった人の方が複数人いるのじゃないでしょうか。
現に、官報は国が作るする新聞の様な物ですけれども、消費者金融等々のごく特定の人しか目にしません。ですので、「自己破産の実態が周囲の方に広まる」等といったことはまずもってありません。
終わりに、破産独特の債務整理の不利な点ですが、1辺破産すると七年間、再度破産出来ません。そこは十二分に注意して、二度と自己破産しなくてもいい様にしましょう。

名古屋市|自己破産にはやっぱりリスクがある?/債務整理

率直に言えば社会一般で言われている程自己破産のリスクはそんなに多くないのです。高価な車・マイホーム・土地など高価なものは処分されるが、生きていくうえで必ず要る物は処分されないのです。
又二十万円以下の貯金は持っていてもいいです。それと当面の数か月分の生活する為に必要な費用100万未満なら持っていかれることはないでしょう。
官報に破産者の名簿として記載されるのですがこれも極わずかな方しか見ないのです。
また俗に言うブラック・リストに記載されてしまって7年間位の間ローン・キャッシングが使用不可能な状況になりますが、これは仕方がない事なのです。
あと定められた職に就職できないという事もあるのです。しかしながらこれもごく特定の限られた範囲の職種なのです。
したがって債務超過で返金する事の不可能な借金を抱えこんでるのであれば自己破産を実施すると言うのも1つの手口なのです。自己破産を実行すれば今日までの借金が全部無くなり、新しく人生を始めると言うことでよい点の方が多いと思われます。
また自己破産者は公法上の資格制限とし税理士、公認会計士、弁護士、司法書士などの資格は取り消されるのです。私法上の資格制限として遺言執行者・保証人・後見人にもなれないのです。又会社の取締役などにもなれません。けれどこれらのリスクはあんまり関係無い場合が多いのじゃないでしょうか。リスクはあんまり大きな物では無いはずです。